今月の主人公:久木氏(7月29日)

大阪の禅寺、天正寺では、坐禅会や書道教室
その他様々な企画に参加されている有志の方に、
自由なテーマで、お話やパフォーマンスをしていただくイベント
「今月の主人公」を、開催しております。

今回の主人公は、久木克宣さん。

今回の主人公のテーマは
「いただきますの原点〜覚悟をもって食す、という事」
2013年に世界遺産に登録され、世界から注目されている「和食」とは、単に「素材を生かした」「健康的な」「四季を感じさせる」料理なのでしょうか。
海外で評価されている現代の「和食」はどういったものなのでしょう。
そのトレンドを、企業はどのようにビジネスへ転換しようとしているのでしょう。
そもそも、我々が共通認識している食生活の原点はどこにあるのでしょうか?
そして「炭水化物ダイエット」成功の秘訣とは?
道元」「作法」「所作」「茶道」「炭水化物」「日本酒」「UMAMI」「禅」…。
これらのキーワードを縦糸ヨコ糸に組みながら、肩の力を抜いて、ええ加減なお話をしてみようと思っています。
面白くなかったら、途中どうぞ「弁士中止!」のお声で取り止めとしましょう。
お腹も減ってくる時間ですしね。
宜しくお願いします
以上、久木さんからの案内文でした。
多彩な内容で、お話していただけるようです。
参加者間で、活発なシェアリングが出来そうな内容と思います。
今月の主人公は、参加費無料で、どなたでもご自由に
参加していただけます。
皆様のご参加、お待ちしています。
当日、7月29日(土)は、大阪歴史探訪委員会(10時半~12時)、坐禅会(13時~14時)、大掃除(14時から16時過ぎ)当イベントの主人公があり、夏の懇親会がございます。ご都合により、どこからのご参加でも、どれかひとつだけのご参加でも、全くOKです。
始めての方も大歓迎です。皆さんのご参加、お待ちしております。

2017年07月17日