「インドの家族と宗教」今月の主人公12月21日

12月21日(土)の「今月の主人公」のご案内です。

天正寺にて、参加者が発表する
「今月の主人公」という企画を行なっています。

今回の発表は:田中鉄也氏です。

 

 今年の8月に、

インドに数年間滞在しての調査・経験をふまえた、
「インド人ビジネスマンにとってのカーストと宗教」という
とても興味深いテーマでのお話していただき、

大好評でしたので、今回12月21日もお願いしました。

 

タイトル:インド都市社会における家族と宗教の今
現在のインドでの宗教事情や宗教の状況などを知りたい住職の私としても、とても楽しみです。


時間:午後4時スタートで5時過ぎまで。

この日、天正寺では、
午後1時から2時過ぎまで坐禅会、
2時15分から3時45分まで大掃除、
4時から、「今月の主人公」。
その後、懇親会を行います

 

大掃除もお手伝いいただけますと、たいへんありがたいです。


どの時間からのご参加でも大歓迎ですので、奮ってご参加ください。

今回の主人公(話す人):田中鉄也氏。



内容:
2012年から田中先生が、インドに滞在して調査をしてきた
北インドのヒンドゥー寺院を事例に、
インド都市社会での家族と宗教の現在の状況を
お話しします。

田中鉄也氏プロフィール:
現在の所属:人間文化研究機構/国立民族学博物館。

2014年3月、関西大学大学院文学研究科より博士(文学)を取得。
日本学術振興会特別研究員(PD)、
アジア太平洋無形文化遺産研究センターアソシエイトフェロー、
日本学術振興会海外特別研究員を経て、
2018年11月より民博。


2019年12月16日