天正寺での基本方針(2018年12月作成)

「最も大切なこと」と思うものを書きます。(2018年12月21日)

天正寺での基本方針でもあります。

 

生命は天に任せて、私たちは

「姿勢正しく坐るという道」

があるきりです。


正しい姿勢とは、

堅苦しい姿勢とは逆で、

元気が充ち充ちてくる姿勢、

人間全体が活動する姿勢、

本来の面目が活発発に躍動する姿勢、

腰が据わった姿勢、

真剣勝負の姿勢です。

 

どんな時でも、この姿勢を貫いて生きていく道があります。

私(佐々木奘堂)個人としても、

「常に腰の据わった姿勢で元気を充たし養う」

という一事だけは生涯かけて貫いていく誓いを立てました。

 

逆境や苦境にあるとか、

悩み苦しみや、煩悩・雑念がある

その真っ只中で、

背水の陣をしいて、

ただ坐る(この腰の据わった活きた姿勢を貫く)ことは、

最も大切で貴いことだと思います。

2018年12月25日